お急ぎのお問合せはこちらへ

03-6802-4722
受付時間
平日 午前10時~午後5時

            Foreigners are welcome ➡️

2020年11月5日

千葉市、尿検査で、児童の受動喫煙被害の調査。
自分の子供は、可愛いですよね?
おじいちゃんおばあちゃんもお孫さんは可愛いですよね?
喫煙者はその手で、自分のタバコ欲求のために、自身の可愛い子供に健康被害を与えている。親に、周りの大人にタバコの習慣があることで、その子供は、タバコを違和感なく受け入れる将来があるかもしれない。
子供は、親がタバコを吸っていたら、その劣悪な環境で生活するしかない。
「千葉市では昨年度、市内の小学4年生の児童およそ750人を対象に、他人の煙を吸うことで取り込まれるニコチンが代謝されてできる物質が、尿にどの程度含まれているか調査し、結果をまとめました。
その結果、77人、全体のおよそ10%の子どもが基準値を超えていて、過去、数日間に受動喫煙の被害を受けていた可能性が高いことが分かったということです。
これらの子どもの94%は、同居する家族に喫煙の習慣があったということです。」
過去投稿でストップスモーキングウェブサイトに埼玉県熊谷市の尿検査についても言及してるので合わせてご覧ください。
 
 

児童の尿から家庭内の受動喫煙被害調査 千葉市

メニュー