2018年8月27日更新

予防医学。健康診断でタバコの健康被害を

2018年8月27日

 

ちば県民保健予防財団。ガン、病気を予防するなら、一人一人の心がけは大事です。
⚫︎食事、
⚫︎運動、
⚫︎タバコを排除すること!

禁煙外来に来る人対象、妊婦を対象だけでなくもっと万人にタバコの恐ろしさをアピールしてほしいと、ストップスモーキングは、ちば県民保健予防財団総合検診センターの責任者の方とお話をさせていただきました。
反応は、うーーーーん。。。
残念ながら、無し。
⚫︎問診票に喫煙か非喫煙かを聞いております。
⚫︎広報で、時々、タバコに触れます。
⚫︎禁煙外来に来た人にお話をします。
⚫︎妊婦に禁煙を勧めます。
ということはやっておられるようです。

やる気ないのでしょうか。
もう一度言います。
保健予防財団。予防が大事なんですよね?
タバコはやめようとか、受動喫煙の恐ろしさとか、非喫煙者にももっと知って欲しいから、検診センターのポスターに、タバコの恐ろしさを載せたポスター作って、市役所、駅ナカ、病院、保健所、保育園、、、貼ることを、提案をしました。
恐ろしいポスターとチラシを作ってほしいですね。

下の写真は、入り口に貼ってありましたが、気がつく人はあまりいないでしょうね

 

メニュー