お急ぎのお問合せはこちらへ

03-6802-4722
受付時間
平日 午前10時~午後5時

            Foreigners are welcome ➡️

バンコク発  2017年7月25日

 タイで活躍する仲間から、現地のビジネス情報紙が届きました。

禁煙先進国タイでは、飲食店内での禁煙は今や常識。今回の法改正では喫煙年齢の引き上げ、禁煙エリア内での喫煙に対する罰則強化、販売や広告に対する罰則強化など、足踏み状態の日本とは比べものにならないほど、厳格な施策を打っています。
大幅引上げされた「喫煙禁止エリアでの喫煙」の罰金5000バーツ(約15000円)は、1人あたりの平均月収が25000円〜35000円とのことですから、かなりの高額です。日本では条例で少額罰金を設けても、実際には徴収していないなど、運用が曖昧なケースもあるのですが、だいぶ違いますね。
既に公衆衛生や健康被害軽減に実効を上げ、国民の意識も大きく変わりつつあるのは、素晴らしい成果です。負けるな、日本!!

 

 タイで活躍する仲間から、現地のビジネス情報紙が届きました。

禁煙先進国タイでは、飲食店内での禁煙は今や常識。今回の法改正では喫煙年齢の引き上げ、禁煙エリア内での喫煙に対する罰則強化、販売や広告に対する罰則強化など、足踏み状態の日本とは比べものにならないほど、厳格な施策を打っています。
大幅引上げされた「喫煙禁止エリアでの喫煙」の罰金5000バーツ(約15000円)は、1人あたりの平均月収が25000円〜35000円とのことですから、かなりの高額です。日本では条例で少額罰金を設けても、実際には徴収していないなど、運用が曖昧なケースもあるのですが、だいぶ違いますね。
既に公衆衛生や健康被害軽減に実効を上げ、国民の意識も大きく変わりつつあるのは、素晴らしい成果です。負けるな、日本!!

メニュー