お急ぎのお問合せはこちらへ

03-6802-4722
受付時間
平日 午前10時~午後5時

            Foreigners are welcome ➡️

アメリカ発  2018年1月26日

私の住んでいたアメリカワシントン州では、24年前(1994年4月1日)からオフィス、飲食店での完全禁煙が始まりました。オフィスについてはこちらのサイトでは言及されていませんが、バーやレストランでのデータの分析が禁煙を成功させていると言っています。なぜ、オフィス、飲食店での禁煙化がスタートしたかというと、言うまでもありません。受動喫煙からの健康被害を受けないためです。アメリカの禁煙のバーやレストランの地域に住んでいる学士号をお持ちの喫煙者には、喫煙率が低下したという結果が出ています。受動喫煙を受けない本当の意味は、喫煙者を0にすることです。

<新しい研究>smoke free laws たばこの煙のない法律は、非喫煙者を第2次受動喫煙から守るだけでなく、新しい研究によって喫煙者の数を減らす。

NEW STUDY: Smoke-free laws not only protect non-smokers from secondhand smoke, they also reduce the number of people who smoke according to a new study.

バーやレストランでの喫煙禁止が実際に効果を上げたかどうか疑問に思うことはありませんか。新しい研究によると、アメリカの飲食店での喫煙禁止は得に教育水準の高い人々の全体的な喫煙率を低下させるのに役に立っていると研究者らは報告している。この研究の著者たちは、アメリカにおける若者と中年の喫煙者に関する25年間のデータを分析した。少なくとも学士号を持ってる人のうち、バーやレストランで喫煙を許可してない地域にに住んでいた場合、喫煙者は約20パーセント減少しました。

そのような禁止は、ヘビースモーカー(1日に10本以上の喫煙)になるリスクの低下につながります。このような喫煙禁止、教育水準の低い人々には結つく可能性は低い。しかし、低所得者層の人々は、バーやレストランで禁煙の地域に住んでいると、禁煙を試みる可能性が15パーセント高くなりました。

「禁煙成功の鍵は禁煙の試みです。」

「平均して完全に禁煙するには8回から14回の試みが必要だ。」

喫煙の禁止は、社会経済的地位の低い人々で喫煙者の人々が禁煙をするのを助けるかもしれない。まだまだ、禁煙に成功するためには、より多くのことを行う必要がある。

アメリカ癌協会は禁煙のガイドを提供してます。

Restaurant Bans Have Big Impact on Smoking Rates

メニュー