お急ぎのお問合せはこちらへ

03-6802-4722
受付時間
平日 午前10時~午後5時

            Foreigners are welcome ➡️

2018年8月31日更新

なぜ喫煙習慣をやめられたの?アメリカで喫煙率の低下に繋がったのは?

アメリカ発 2018年8月31日

日本の教育に頑張っていただきたい。学校で禁煙プログラムを取り入れて。タバコというものがあって、健康被害をもたらす薬物であると、一度手を出してしまうとタバコに人生を狂わされてしまうかもしれない物だから絶対に手を出すなと。
喫煙する大人は、絶対に、タバコの存在を隠していただきたいです。

アメリカでの喫煙率の低下に繋がったお話。取り組んでいるお話。

アメリカ疾病対策予防センターによると、2016年の15.5パーセントから2017年の13.9パーセントに減少している。
紙巻きタバコの喫煙者はこの10年で減少している。
1965年から調査を始めてから一番少ない喫煙率だ。
それでも2017年のデータでは、3700万人のアメリカ人が喫煙している。最近のデータによると、喫煙と受動喫煙で毎年48万人のアメリカ人が死亡している。
50年前は、常にアメリカ人の42パーセントが、たばこに火をつけ、喫煙は日常生活だった。職場で、レストランで、バーで、飛行機の中で吸えた。タバコは、映画やテレビで魅惑的に表現され、高速道路に並ぶ看板に広告されていた。
1964年のこと。 外科医が、喫煙と健康に関する最初の報告を発表した。喫煙は、肺がん、咽頭がんを引き起こし、そして、心臓疾患の原因であると。
それは、政策を変えた。
しかし、喫煙率の低下には繋がらなかった。
禁煙キャンペーンや政策が展開されるまでにはもう少し時間がかかった。中毒性の高いタバコをやめるには、ツールやリソースが必要だったからです。
*タバコ価格を上げる。
*禁煙キャンペーン
*禁煙のための法律
*禁煙プログラムのためのアクセス
タバコの使用を標準化しないこと。

高価なタバコは、特に10代の若者がタバコを始めるには、手が出せません。
タバコによる悪影響を示した広告、職場、バー、パブリックスペースで喫煙できない環境を作ることで、喫煙出来ないようにしました。
しかし、真の喫煙の減少の進歩はこれからです。
教育です。子供達を対象としたより大きな教育は、タバコの影響についての言葉を広げ、1965年に始まった、製品に関する健康被害警告をくりかえす。若者と青年のあいだでは、喫煙開始率を低下させる効果は出ています。

しかしこれから新たな問題は電子タバコの出現です。11.7パーセントの高校生の電子タバコ喫煙率が1.5パーセント上がりました。新世代に、タバコの使用やニコチン中毒を防ぐには新しいアプローチが、必要になってきます。
国家、州、地方レベルで協調を図るでしょう。
2020年までに12パーセントの喫煙率を目指します。

2018年のレビューによると、1日にたった1本の喫煙でさえ、心臓病や脳卒中のリスクを増加させるという。

大人は、子供のお手本ですよね。子供は、大人を見て、お父さん、お母さん、先輩を見て育ちます。お手本の大人がタバコを吸う姿を子供に見せていれば、未来の喫煙者を作るって罪なことですよ。タバコ会社が、キャンペーン、広告、コマーシャルをしてることは、罪ですね。

 

Why more Americans are kicking
the smoking habit


 

メニュー